在宅医療に薬剤師が関与することについて

在宅での治療には医師だけではなく、薬剤師も関係しています。将来的には、薬剤師の果たす役割が比較的大きくなるというのはよく言われていることですよね。

薬剤師の業務としては、薬を調剤して渡すと言うだけではなく、それには患者さんの体調を伺ったり、薬の服用による経過の様子を見ることも含まれます。これは、特に高齢者などの自覚症状を感じにくい方には大いに助けになります。

では、どんな点を見るのでしょうか。

患者さんの薬の重複を避けること、時間や回数を守って飲んでいるか、過剰または忘れることがないか、薬の効用などの大切な点を把握しているか、副作用はないか、といった点を薬剤師が確認し、患者さんの自己管理がしっかりできるように援助します。

よく見る点としては、患者さんの薬の保管の状態です。古い薬を、または必要としていない薬を多量に保管している場合や、逆に必要な薬の不足を確かめます。

そのようにして、適切な治療を随時受けられるよう薬剤師は自分の役割を果たします。
薬を飲みたくない患者さんには、その薬から受けられる益を伝えるとともに、飲みやすい方法を考えて提供することもできます。

錠剤が飲みづらいなら、液状や粉などに切り替えることもできます。
患者さんが快適に家で治療を受けて過ごせるよう、薬剤師の役割も大きいと言えます。
薬の効果が出るなら、とても喜ばれることでしょう。

患者さんが100%正直に言ってくれるとは限らない場合もあります。そうした場合に、患者さんの話すそぶりから判断して的確なアドバイスをするということもまた必要です。